本当においしい青汁ランキング|毎朝飲むだけで健康な体へ

心筋梗塞の改善に青汁が良い

急に倒れて救急車に運ばれてしまい、やがて命を落としてしまう可能性のある心筋梗塞は非常に怖い疾患となります。

 

これを抑えるためにも、日頃の生活習慣を改善し食事にも気をつけるような対策が重要となるのです。

 

心筋梗塞になってしまう最大の要因は、血液中の脂肪分が影響しています。

 

高カロリーな食事を継続すると血液の脂肪分が増加し、やがて流動性が低下しドロドロ血液となります。

 

この状態が続き、血管が硬くなる動脈硬化になると、心臓につながる冠状動脈に血栓ができるなどの影響で心筋梗塞が発症してしまいます。

 

これを予防するためには、コレステロールを抑えるような生活習慣を継続する必要があります。

 

その為に毎日摂取したいのが青汁となります。

 

青汁には血中コレステロールを抑制できる大麦若葉やボタンボウフウなど、より良い効果が期待できる野菜が多く配合されているため、青汁を毎日継続して摂取していく事で心筋梗塞になる可能性も大きく下げる事が出来ます。

 

心筋梗塞になる可能性を抑える為には、ある程度の年齢になってから対策をするのではなく、早い段階から青汁を摂取して動脈硬化になる可能性を抑える必要があります。

 

そのため毎日の食事で補給できる野菜と青汁で確保出来る食物繊維やビタミン効果などを考慮して、早いうちから対策する必要があるのです。

 

子供たちと共に青汁を飲んでいます

 

今年の夏は自家栽培の野菜がよく摂れて、充実した野菜での食生活を送ることができたと満足しています。

 

しかし、春夏は野菜作りをしていても秋冬は全くしないので、何を食べるにも購入することになりそうです。

 

野菜もシーズン外のものは値段が高かったりもして大変な時もあります。

 

それでも、まだ小さな子供たちにも豊富な野菜を摂ってもらいたい為秋冬は青汁を取り寄せることが多いです。

 

ちょうど食欲も旺盛になる時期で、野菜ではなくスイーツ等もよく食べています。

 

そんな中青汁は野菜不足を補う為に我が家では欠かせないものになっているのです。

 

子供たちは野菜ジュースの方が飲みやすく好きではあるようですが、人工甘味料が入っていたり果汁が主体になっていたりするので、多少飲みにくくても青汁を飲ませています。

 

ただ、青汁も物によっては子供もおいしく飲めるものがあるので嬉しいです。

 

不味くて飲めないというものが最近は無いと言えるくらいなのもありがたいです。

 

青汁の飲み方は、基本的に私は朝に一杯、時々夜も一杯飲む程度です。

 

子供たちは数日に一度、お昼にご飯と一緒に飲ませることが多いです。

 

家族みんな毎日健康で笑顔で過ごしたいから、青汁は今後も飲み続けていきたいなと思っています。

 

青汁の整腸作用に期待する

 

毎日の食事において、十分な食物繊維が確保出来ていなかったり、炭水化物の量が多すぎたり、または動物性脂肪の摂取量に偏っていたりすると、便秘の状態になる可能性が高まります。

 

また、腸内の善玉菌が少ない状態になってしまうのは、毎日摂取する食事の中身が影響しています。

 

このような偏った腸内細菌を整える為には、整腸作用に優れる食品を摂取していく対策が有効です。

 

ヨーグルトが整腸作用に良いとされていますが、乳酸菌などを効果的に腸まで届けるためには、ヨーグルトでは十分でないことが分かっています。

 

胃の中にある胃酸は、乳酸菌を見逃してくれないので、生きたまま腸に届けるのはとても難しいのです。

 

その為、整腸作用に優れるサプリメントを摂取するなどの方法が良いとされています。

 

そして、もう一つ良いのが青汁を摂取する習慣です。

 

青汁には食物繊維が非常に豊富な大麦若葉や、ケールなど栄養面にも優れる野菜が豊富に含まれているため、これを毎日継続して摂取すれば整腸作用が期待できるのです。

 

そして、重要になってくるのは肉類の摂取量を減らす対策です。

 

必要以上に脂肪分を摂取すると肥満になり、血液中のコレステロール量も増加するため、適正な量に整えて、必要な栄養分を青汁でキープするような習慣が有効となります。